石巻さかな女子部

石巻の女子たちが魚屋さんに弟子入り。自分で魚をおろし、料理ができるようになるまでをレポート!

vol.06

2016.02.05

鯛の塩釜焼きを作ろう in 第一回石巻さかな女子部会議

2016年1月某日。

記念すべき『第一回石巻さかな女子部会議』が開催されましたあ(^O^)/

石巻で人気のカフェ『日和キッチン』さんをお借りして、

自分たちでお魚料理を作って食べながら、

今後の活動について語り合おうという内容です。

なんと、今日から男性部員も!

部長・ヨシコがこの日のために用意した自撮り棒を駆使した全員撮影(^O^)/

部長・ヨシコがこの日のために用意した自撮り棒を駆使した全員撮影

 

メインメニューはズバリ、『鯛の塩釜焼き』。

まずは石巻さかな女子部の監督夫妻が経営する老舗魚屋『魚長』さんに、

尾頭付きの真鯛を仕入れにいきました。

するとどうでしょう。

以前から工事を進めていた『魚長』さんの新店舗が完成していたではないですかあ!

震災でひどく被災しながらも、

水産の街・石巻が誇る魚屋として即、立ち上がり、

休み無しで営業を続けた魚長さん。

新店舗完成、おめでとうございます!

IMG_1985

震災後、道路の拡張工事のため今までのお店のすぐ隣りに新店舗を開設

真新しいショーケース。店内にはたくさんのお花が

ぴっかぴかのショーケース。店内にはたくさんのお花が!

『石巻さかな女子部』の訓練場も真新しく!

真新しくなった『石巻さかな女子部』の特訓場(魚をおろす部屋)を案内してくれる監督

 

そして本題の塩釜焼き用真鯛はもちろん、最上級をゲット!

魚長さんの魚は目つきが違います( `ー´)ノ

はい、尾頭付き真鯛ドーン!新鮮な鯛は目つきがキリッ

はい、尾頭付き真鯛ドーン!新鮮な鯛は目つきがキリッ

 

他にも監督、持ってけ―!とサービスがいっぱい。

中でも豪快なのはタコの頭です。

喜んで頂戴しましたが、正直、どうやって食べればいいのかわかりません。

どうやって食べればいいのかわからないタコの頭

なぜか紐がついて、ハンドバックのように持てるようになっているタコの頭

 

会場に持ち帰り、この珍しい食材をしげしげ見つめていると

そこにカフェのご近所さんがふらり。

なんと、今年初モノのメカブを差し入れに持ってきてくださいました。

こういう旬のレアものが予期せず周ってきたりするのも、

水産の街・石巻のいいところです♥

DSC_0174

生のメカブはゆでて、ポン酢などで味付けしていただきました♥

 

この方、タコの頭が大好物だというので、

メカブのお返しに半分、あげました。

物々交換成立であります。

メカブを持ってきてタコの頭を半分、持ち帰った常連さん。ありがとう!

タコの頭は酢の物や煮物にしても最高だそう!

 

【真鯛の塩釜焼きをつくろう】

お待たせしました!

それではいよいよ塩釜焼きを作りましょう(^O^)/

教えてくれるのはお料理名人、遠山由佳理リーダーです。

今日の先生は遠山リーダー。部員の中にもお料理名人がたくさん!

今日の先生は、遠山リーダー。さかな女子部員の中にもお料理名人がたくさん!

 

<材料>

・尾頭付き真鯛(基本的に白身魚なら何でもOK。切り身でも◎)

・ゆでた白菜(10枚ぐらい)

・塩麹(なければレモンとおいしい塩でもOK)

・安価な塩(大量)

・卵白(2~3個)

鯛はウロコと内臓をとり、水洗いして下ごしらえをしておきます。

もちろん、いつもの血合いグリグリも必須ですよ!

(血合いグリグリを知らない人は、VOL.1の記事からおさらいを)

 

まずは、包丁を斜めに入れ、鯛の体に切り込みを入れていきます。

こんな感じ。片面だけでOKです

こんな感じ。片面だけでOKです

 

次に味付けですが、本来はこの状態で全体に塩麹を薄く塗りたいところ。

しかし、この日は部長のヨシコが塩麹の買い出しを失念( ゚Д゚)。

遠山リーダーが「じゃあ、レモンで」ととっさのアレンジをしてくれました。

塩麹のほうがおいしいけれど、

なければミネラル分が高めのおいしい塩をすりこみ、

そのうえにレモン汁をひとかけするのでもいいそうです。

そこにレモンの輪切りを。

切り込みにもレモンの薄切りを挟んで可愛くしました♥

 

そして、用意しておいたゆでた白菜を一枚づつ巻き付けていきます。

塩で直接包むと身が塩辛くなりすぎるため、白菜でガード。

白菜は食べないので、普段は捨ててしまうような汚れたところの葉でもいいそうです。

くるっ

くるっ

くるくるっ

くるくるっ

 

ミイラ状態に

最後はミイラ状態に

 

そしてクライマーーーーックス!

塩釜用の塩を作ります。

ボウルにドドッと目分量。真鯛を包みこむぐらいの量です。

大量に使うので安価な塩で十分。塩釜焼き用の塩は味に関係しないそう

大量に使うので安価な塩で十分。塩釜焼き用の塩は味に関係しないそう

 

卵白を入れて混ぜ合わせ、塩窯を作るのにちょうどいい固さに調整します。

この日は卵白2個半分、使いました

この日は卵白2個半分、使いました

 

握って開いたとき、手のひらでボロボロっと崩れるようではダメ

握って開いたとき、手のひらでボロボロっと崩れるようではダメ

指の跡が残るぐらい固まったらOK!

指の跡が残るぐらい固まったらOK!

 

ちょうどいい固さになったら、鯛の上に盛っていきましょう。

塩釜で蒸し焼きにするので、隙間なくみっちりと。

グッグッと押し固めていく

グッグッと押し固めていく

塩で魚の形に!

塩で魚の形に!

さらに真鯛ちゃんの顔とウロコを塩で♥

余った塩で顔やウロコの形も作るとより魚っぽいです

 

さらに、魚愛がハンパない遠山リーダー、

ちょうどお菓子作りで余ったというアイシングを利用して…

砂糖を溶かして作ったアイシング

クッキーの飾りつけなどに使うアイシング

 

できました~!あとはオーブンで焼くだけです

まるでデコレーションケーキです(*´▽`*)

 

あとはオーブンに入れるだけ!

「250度で25分よ( `ー´)ノ」by遠山リーダー

 

【第一回石巻さかな女子部会議スタート!】

塩釜焼きをオーブンに入れている間に、

懇親会を兼ねた初会議がスタートしました(^O^)/

飛び入りゲストも入ってこの日の参加メンバーは8名

飛び入りゲストも入ってこの日の参加メンバーは8名

 

ぼにぴんの記事を読み、部員募集に応答してくれたみなさん。

乾杯後の自己紹介タイムでは、

石巻さかな女子部に入部した動機を聞いてみました。

するとどうでしょう!

みなさん、ものすごく熱いではないですか

DSC_0286

「漁港を持つ故郷を誇りに、以前のような魚食文化を取り戻したい」

「子どもに手づくりの魚料理を食べさせられる親になりたい」

DSC_0315

「石巻や日本全国の食生活を魚で健康にしたい」

「魚を使って町おこしをしたい」

一人ひとり、自己紹介と今後の活動に関する熱い思いを語りました!

「自分たちが楽しむだけでなく、

お魚のおいしさや素晴らしさを日本中、次世代に伝えたい」……etc.

石巻さかな女子部の志は、果てしなく高いのであります!

 

 

と、そうこうしているうちに

こちらも完成(^O^)/

唯一の男子部員がサーブ♥

唯一の男子部員がサーブ。塩釜焼きはイベント感がハンパありません!

 

外側の塩釜を割って、中から鯛の身を発掘します。

小槌がなければ麺棒などでもいいですよ。

けっこう思い切ってガツッと割りましょう

けっこう思い切ってガツッと割りましょう

塩釜の塩と白菜を取り除きます

塩釜の塩と白菜を取り除き、鯛を掘り出します

 

DSC_0264

きれいな鯛の身が現れました~。切り身でもできるけど、やっぱり尾頭付きは格別です

 

驚くほどふっくらふわふわの身に一同、感動!( ;∀;)

そして、水産の街・石巻を語る熱い夜はまだまだ続くのでした。

石巻の街や次世代の食生活食について、石巻さかな女子部ができることは?と時間を忘れて熱いディスカッション

石巻の街や次世代の食生活について、石巻さかな女子部ができることは?と時間を忘れて熱いディスカッション。持ち寄りのお料理やデザートもご馳走でした~!

 

 

【石巻さかな女子部】入部希望者募集中!

入部希望者募集中!

毎月一度、石巻の魚屋さん「魚長商店」にて、旬のお魚おろし会を開催。おろしたお魚で調理にもチャレンジします。その様子をこちらのWEBマガジン『ぼにぴん』にてレポート。お魚料理を学びながら素敵な記事作りにもご協力いただける方、以下までご連絡ください。男子もOK!

info@umimachi-sanpo.com

魚長うおちょう商店

魚長(うおちょう)商店

【石巻さかな女子部】の活動に絶大なる協力をいただいている石巻の老舗魚屋さん。店主ご夫婦のみならず、職人さんまでもが監督、コーチとして女子たちにお魚のおろし方を伝授してくれます。店先に並ぶ魚介は、プロが信頼する確かな品。遠方からでも、石巻の旬の鮮魚を取り寄せることができますよ!
TEL:0225-96-6756

石巻さかな女子部