石巻さかな女子部

石巻の女子たちが魚屋さんに弟子入り。自分で魚をおろし、料理ができるようになるまでをレポート!

2016.11.01

さかなクン、大感動をありがとう!スペシャル(『すっギョイぞ!石巻のおさかなたち』講演レポート)

2016年10月28日(金)。

石巻では『今こそ知りたい 石巻の海のはなし』と題したセミナーが開催されました。

第一部のお話は、さかなクンによる

『すっギョいぞ!石巻のおさかなたち』。

その一部始終をワタクシ巻さかな女子部』部長の塩坂がレポートいたします!

dsc_0489-1

400人定員の会場は事前申し込みで即満席に。前列には子どもたちの優先席もありました

 

【伝えたい気持ちがあふれ出る、さかなクンのおはなし】

にぎやかな出囃子とともに、ギョ~ギョギョ~と、おなじみの声が!

大歓声のなか、さかなクン先生による白熱の授業が始まりました。

限られた時間の中で、たくさんのことを伝えようと

イラストを描きながら、おしゃべりしながら、飛び跳ねながらのパフォーマンス。

その迫力に幼稚園児から大人まで、一気に引き込まれていきます。

特に、さかなクンが描くイラストの量と内容の濃さといったら!

海やお魚、ヒトへの愛情があふれ出る水量豊かな泉のようなのであります。

dsc_0492-1

小さな子どもにもわかりやすいのに、大人も夢中になれる不思議な魅力がつまったさかなクンの授業

小さい子どもにもわかりやすいのに、大人も楽しめるという不思議な魅力が詰まったさかなクンのおはなし

石巻のお魚について、地元の人でも知らなかったことがいっぱい。近海の魚についてより興味を持つきっかけになりました

 

【子どもたちの熱視線。憧れの人、さかなクン】

この日は平日にもかかわらず、たくさんの子どもたちが参加。

「どうしてもさかなクンの話を聞かせたくて」と連れてこられた親御さんもいました。

特に子どもたちが沸いたのは、

さかなクンがその場で描くお魚の名前をあてるクイズ。

正解でも不正解でも、プレゼントをもらえるとあって、

普段は恥ずかしがり屋さんが多い石巻の子どもたちも、

この時ばかりは一斉に元気よく手を挙げました。

さかなクンとお揃いのハコフグ帽子をかぶってきたあいちゃん。見事クイズに正解し、さかなクンのイラストをゲットしました

さかなクンとお揃いのハコフグ帽子をかぶってきたあいちゃん。見事クイズに正解し、今が旬の秋鮭のイラストをゲットしてご満悦

 

もうひとりの正解者、ゆうせいくんはハリセンボンの帽子をかぶって

もうひとりの正解者、ゆうせいくんはハリセンボンの帽子をかぶってアピール

 

dsc_0800

ついにゲット!と大喜びのゆうせいクン。穴子とウナギのイラストをもらいました

 

「さかなクンはボクの憧れの人!」と大興奮のゆうせいクン。

セミナー後はお母さんと一緒に、会場の外で熱心に出待ちも。

「さかなクンのように勉強して、

大きくなったらさかなクンの大学に行きたい!」

ご本人に直接、伝えることができました。

この後、すぐの新幹線で盛岡に行かなければいけなかったさかなクンとスタッフの皆さん。

お急ぎの中、子どもたちの声援に精一杯答えてくれました。

さかなクンが乗った車をいつまでも手を振って見送った子どもたち

さかなクンが乗った車をいつまでも手を振って見送った子どもたち

 

【愛情たっぷり!さかなクンが石巻に贈ってくれたもの】

セミナー会場での滞在時間はわずか3時間。

それでもさかなクンは石巻のみんなに贈りたいと、

控室でもこんなにたくさんの絵を描いていてくれたのです。

セミナー前の控室で、延々と絵を描いてくれたさかなクン

移動中の車の中でも会場の控室でも、さかなクンはずっと絵を描き続け、贈ってくれました

dsc_0810

よーく見ると、どれも石巻の魚!ちゃんと名前も書いてあります。こんなに楽しいイラストなら、子どもも興味が持てるはず

dsc_0851

事前に用意してくださっていたさかなクンのパペット。会場の入り口で参加者を迎えてくれました

背中にもメッセージが!なんというホスピタリティ

背中にも感謝の言葉がいっぱい!

 

これらの絵や記念品は、

「街のために使ってください」とさかなクンが贈ってくださったもの。

その思いを受け、

セミナーを主催した『石巻市6次産業化・地産地消推進センター』では、

少しでも多くの人の目に触れる場所に飾ろうと検討中。

さかなクンの絵が飾られたあかつきには、

ぜひ石巻まで足を運んでくださいね!!!

 

【感動の余韻……からのまた感動!】

わずか1時間のステージで大感動を巻き起こし、

みんなをハッピーにして風のように去っていったさかなクン。

彼の姿を目の当たりにした子どもたちが、

この感動を長く忘れないでいてほしいと思います。

さかなクンの話を熱心に聴いていた子どもたち。将来は、さかなクンのようにみんなを幸せにする大人になってくれるかも

憧れの人の話を熱い視線で聴いていた子どもたち

 

またこの日、主催者側が用意した特製お弁当に大感激したというさかなクンは、

ステージ上でも石巻の魚のおいしさについて、いっぱい話してくれました。

セミナー後に拝見したさかなクンのフェイスブックには、

こんなにうれしい写真も掲載されていたのです!

出番前にさかなクンが撮影し、フェイスブックに掲載してくれたお弁当の写真

出番前に撮影し、フェイスブックに掲載してくれたお弁当の写真(お弁当は石巻のイタリアンレストラン『オスピタリタ・ダ・オリーノ』作)

 

さかなクンの好きな言葉だという『一魚一会(いちぎょいちえ)』。

まさにその言葉通り、すべての出会いを大切にするその姿が、

スタッフ一同、とても印象に残ったと言います。

 

【みんなの心に残ったもの】

それでは最後に、さかなクンのおはなしを聴いた人達のコメントをご紹介しましょう。

海にまつわるさまざまな視点に気づかされました。身近な環境問題として、海について考えさせられました」(30~40代女性)

「まさに目からウロコの話も多く聞けて、非常に満足しています」(30~40代 男性)

「きれいな海を長く保つことが、美味しい魚を長く食べられることにつながると改めて感じました」(50~60代男性)

「今回、小5の息子と参加しました。とても楽しそうに、目をキラキラさせながら見ていて、連れてきてよかったと思いました」(30~40代 女性)

「石巻の旬の魚の特徴を楽しく理解できました。環境やゴミ、外来種による問題についても興味をもつきっかけになりました」(30~40代 女性)

自分もさかなの仲間のような気持ちになりました」(年齢層、性別無記入)

「さかなの魅力が絵とともに感覚的に理解できました」(年齢層、性別無記入)

石巻でさかなクンの講演を聴くことができて、とてもうれしかった」(年齢層、性別無記入)

(以上、『石巻市6次産業課・地産地消推進セミナーアンケート』から抜粋)

 

ありがとう、さかなクン!!

私たち『石巻さかな女子部』も、海や魚食文化PRのため頑張ります!!

さかなクンに感化され、石巻の海やお魚PRにますます力を尽くそうと決意する『石巻さかな女子部』

さかなクンに感化され、石巻の海やお魚PRにますます力を尽くそうと決意した『石巻さかな女子部』メンバーたち

 

【石巻さかな女子部】入部希望者募集中!

入部希望者募集中!

毎月一度、石巻の魚屋さん「魚長商店」にて、旬のお魚おろし会を開催。おろしたお魚で調理にもチャレンジします。その様子をこちらのWEBマガジン『ぼにぴん』にてレポート。お魚料理を学びながら素敵な記事作りにもご協力いただける方、以下までご連絡ください。男子もOK!

info@umimachi-sanpo.com

魚長うおちょう商店

魚長(うおちょう)商店

【石巻さかな女子部】の活動に絶大なる協力をいただいている石巻の老舗魚屋さん。店主ご夫婦のみならず、職人さんまでもが監督、コーチとして女子たちにお魚のおろし方を伝授してくれます。店先に並ぶ魚介は、プロが信頼する確かな品。遠方からでも、石巻の旬の鮮魚を取り寄せることができますよ!
TEL:0225-96-6756

石巻さかな女子部