いしのまきレシピ

『食』を通じてもっと豊かに!食材の宝庫・石巻から、食の楽しさや喜び、大切さを伝えます

2016.02.12

サバのケーク・サレ

【お取り寄せの焼きサバで作る簡単おかずケーキ】

ワインのお供にもおすすめ!サバケーク・サレ

ワインのお供にもおすすめ!サバケーク・サレ

 

ケーク・サレとはフランス生まれのお惣菜ケーキ。

おかずにもよし、おやつにもよし、

ワインにも合うという、知る人ぞ知るおしゃれメニューです。

そんなケーク・サレを今回は、

石巻のお菓子作り名人・セツタさんが驚きのアレンジ!

なんと、水産の街・石巻が誇る焼きサバを使って

一度食べたら忘れられない絶品ケーク・サレを作ってくれました!

DSC_0734

お菓子作り名人・セツタさん

 

使用するのは、

絶妙な焼き加減が人気のレトルトパックで届く焼きサバ2種。

大胆にも、このままケーキに入れてしまうという斬新レシピです。

塩焼きとみりん焼きが各2枚入っている『大きな焼きサバの食べ比べセット』(ヤマトミ)

塩焼きとみりん焼きが各2枚入っている『大きな焼きサバの食べ比べセット』(ヤマトミ)

 

それではさっそく作り方を教わりましょう。

あっさり味の塩焼きか、こっくり風味のみりん焼きか。

まずはお好きな方からトライしてください!

 

【材料】

<さばの塩焼きを使ったケーク・サレ>

DSC_0625

※縦21cm×横8cm×高さ6cmのパウンド型1個分

<生地>・薄力粉 125g ・ベーキングパウダー5g ・粉チーズ30g ・全卵115g(Lサイズ2個)・牛乳70g ・オリーブオイル60g ・塩、こしょう 各小さじ4分の1 ・クレソン(葉)5~6本分

<具材>・さばの塩焼き 2分の1枚 ・玉ねぎ、パプリカ(赤、黄色)各4分の1個分 ・クレソン(茎の部分を小口切りに)5~6本分 ・クリームチーズ 80g

<飾り用>・たまねぎ ・パプリカ ・クレソン 各少々

<さばのみりん焼きを使ったケーク・サレ>

DSC_0628

 

<生地>・薄力粉 125g ・ベーキングパウダー5g ・粉チーズ30g ・全卵115g(Lサイズ2個)・牛乳65g ・サラダ油 60g ・いしる(魚醤)5g ・小ねぎ(小口切り)5~6本分

<具材>・さばのみりん焼き 2分の1枚 ・玉ねぎ、パプリカ(赤、黄色)各4分の1個分 ・小ねぎ5~6本分 ・クリームチーズ 80g

<飾り用>・たまねぎ ・パプリカ ・小ねぎ 各少々

<準備>

クリームチーズはラップでくるんで丸い棒状にしておきましょう。

ラップでくるんで、クルクル転がして棒状に

ラップでくるんで、クルクル転がして棒状に

 

【作り方】※どちらのサバを使っても作り方はほぼ同じです

①具材をカットします。さばは縦半分に。

たまねぎとパプリカは5mmぐらいにスライス。

クレソンは葉と茎の部分を分け、茎の部分は小口切りにします。

(みりん焼きでは、クレソンではなく小ねぎを)

DSC_0654

②薄力粉、ベーキングパウダー、粉チーズをビニール袋に入れ、振り混ぜます。

ビニールに入れて振るだけ!

ビニールに入れて振るだけ!

 

③ボウルに全卵を入れ、泡だて器で解きほぐします。

よく溶きほぐします

よく溶きほぐします

 

④③に牛乳、オリーブオイル(みりん焼きでは、サラダ油)を加えてよく混ぜます。

塩焼きではオリーブオイル、みりん焼きではサラダ油がおすすめ

「塩焼きにはオリーブオイル、みりん焼きにはサラダ油が合うかな」とセツタさん。ただし、お好みでいいそう

 

⑤塩・こしょうを入れて混ぜます。(みりん焼きでは、魚醤に)

みりん焼きの方で使ったのは珍しい鯖の魚醤「いしる」。無ければ普通のナンプラーなどでも

みりん焼きの方でセツタさんが使ったのは、珍しい鯖の魚醤「いしる」。無ければ普通のナンプラー(アジアの魚醤)やしょっつる(秋田のハタハタの魚醤)でもOK

 

⑥②の粉類を加えます。

DSC_0656

ビニールから直接ドバっと!

 

⑦箸3本を立てて持ち、円を描いて混ぜていきます。

粉が少々残っていても大丈夫。さっくり混ぜます。

DSC_0661

混ぜすぎないのがポイント。これぐらいでOK

 

⑧クレソンの葉(みりん焼きでは小ねぎ)を加え、

ゴムベラで7~8回、中央から外側に大きく混ぜます。

ボウルの側面についた粉も一緒に、すくうように混ぜます。

DSC_0667

⑨オーブンペーパーを敷いた型に半量、流し入れます。

まずは半量だけ流し込む

まずは半量だけ流し込む

 

⑩具材をたまねぎスライス→焼きサバ→クリームチーズ→パプリカスライスの順で置いていきます。

具材のたまねぎスライスを敷き詰める

具材のたまねぎスライスを敷き詰める

写真は切り身1枚を入れましたが、半身でも十分

写真は切り身1枚を入れましたが、半身でも十分

DSC_0683

棒状にしたクリームチーズを真ん中に

 

みりん焼きのバージョンでは、クレソンの代わりに小ねぎを

みりん焼きのバージョンでは、クレソンの代わりに小ねぎを

色のきれいな具材を入れるとカットした時に鮮やかな見た目に

色のきれいな具材を入れるとカットした時に鮮やかな見た目に

 

⑪残りの生地を流し入れ、型のまま軽く台の上に落として生地を型全体に行き渡らせます。

残り全部の生地を流し入れます

残り全部の生地を流し入れます

 

生地が隙間なく型に行き渡るように、トントンと落とします

生地が隙間なく型に行き渡るようにトントンと落として

 

⑬180度のオーブンで50分程度。表面と側面に焼き色がつくまで焼きます。

DSC_0747

⑭焼きあがったら型から外して、網にのせ、粗熱をとりましょう。

焼いてすぐだとうまく切れないため、15~20分置いてからカット

焼いてすぐだとうまく切れないため、15~20分置いてからカット

 

⑮ほんのり温かいくらいが食べごろです!

DSC_0801

塩焼きはあっさり、みりん焼きは風味豊か。どちらもサバ好きにはたまらない、新しいおいしさです!

 

 

今月のメイン食材

大きな焼きサバの食べ比べセット

国産の大きなまさばを贅沢に使って、独自の製法で脂をぎゅっと閉じ込め、家庭では真似できないふっくらとした絶妙な焼き加減に。塩焼き、みりん焼きが各2枚入った贅沢なセットです。

いしのまきレシピ