いしのまきレシピ

『食』を通じてもっと豊かに!食材の宝庫・石巻から、食の楽しさや喜び、大切さを伝えます

2015.11.27

いしのまきのお味噌で「味噌シフォンケーキ」

石巻自慢の食材を全国のみなさまへ!と、
石巻のヒトが一丸となって、
おいしく味わい深いレシピを開発、
紹介していくコーナーです。

第一弾のメイン食材に選ばれたのはこちら。

高砂長寿味噌本舗 松島赤

高砂長寿味噌本舗たかさごちょうじゅみそほんぽ】さんの【松島赤】

【高砂長寿味噌本舗】さんは、
明治34年創業の老舗。

昔ながらの味噌・醤油づくりにこだわりながらも、
若い後継者が時代にあった
斬新でユニークな商品を
たくさん生み出しているんです。

中でも、この【松島赤】は
昔なつかしい中甘口味噌の定番。
伝統的な仙台味噌よりも辛くなく、
マイルドな仕上がりながら、
豚汁やモツ煮込み、
サバの味噌煮など、
クセのある食材にも負けない味わいで人気です。

それだけではありません。
なんとこの味噌、
全国的にも珍しい善玉菌の宝庫なのです!

例えば、ビフィズス菌の増殖作用をもたらす
『フラクトオリゴ糖』は
信州みその約3倍、
仙台味噌の5倍以上も含まれているとか!
(宮城大学食産業学部 須田義人准教授による研究より)

そんな自慢の【いしのまきのお味噌】を使って、
このたび石巻のヒトが作ってくれたのは、
意外にもお菓子のシフォンケーキ!

ふんわり香るお味噌の風味が、
なんとも後をひくおいしさです。

いろいろな具材と合わせればアレンジも自在。
スイーツにも、
お惣菜のようにも楽しめる【お味噌】だからこそのレシピです。

 

今月のレシピ考案者は
説田幸子さん

説田幸子さん
震災以降、趣味のお菓子作りを通じて、
街の人たちと明るく楽しい時間を共有したいと
仮設商店街の一店舗を借り、
お菓子教室をオープン。
少人数のアットホームな空間で、
焼き菓子やケーキづくりを楽しんでいます。

仮設商店街にある説田さんの工房兼教室

仮設商店街にある説田さんの工房兼教室。
簡易の建物をDIYなどでリノベーション、調理器具などもいろんな人たちからの協力で取り揃え、開業した。

 

【味噌シフォンケーキ】のつくり方

味噌シフォンケーキ

手前が基本の味噌シフォンケーキ、奥は小松菜とゴマを合わせたアレンジ

基本の味噌シフォンケーキ材料(直径17cmのシフォン型1台分)

味噌シフォンケーキ材料卵黄…45g
グラニュー糖…48g
サラダ油(キャノーラ油)…28g
湯(50~80℃)…55g
薄力粉…65g
ベーキングパウダー…2g
卵白…90g
レモン汁…小さじ1/4
グラニュー糖…28g
高砂長寿味噌…20g

 

【下準備】

・卵は卵黄と卵白に分けて、卵白は冷凍庫に入れて一部が凍りはじめた状態にする
・薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるう
・オーブンを予熱する(180℃)

 

【シフォン生地を作る】

① ボウルに卵黄を解きほぐし、砂糖を加え、泡だて器で軽くすり混ぜる。
② サラダ油に湯(50℃以上)を合わせてさっと混ぜ、①に加えて全体を混ぜ合わせる。
砂糖が解けたら混ぜ終わり。
③ ふるった薄力粉とベーキングパウダーを②に一度に加え、泡だて器で手早く粉気がなくなるまで混ぜる。
④ ③に味噌を入れ、混ぜる。

シフォン生地を作る

 

【メレンゲを作る】

⑤ 別のボウルで一部が凍り始めた状態の卵白に、レモン汁と砂糖小さじ1程度を加える。
⑥ ハンドミキサーを高速にして、羽根をぐるぐる大きく回しながら3分間ほど、一気に泡立てる。
⑦ 卵白の泡がしっかりと固く立ち、分離直前の状態になったら、残りの砂糖から半量を加え、さらに1分間ほど泡立てる。
⑧ 残りの砂糖を加え、さらに1分間泡立てる。
ミキサーを前後に動かし、もこもことした状態の強度のあるメレンゲに仕上げる。

メレンゲを作る

【生地を仕上げる】

⑨ ④のボウルに⑧のメレンゲから1/4量をとって加え、泡立て器で混ぜ合わせてなじませ、なめらかになったら⑧のボウルにもどす。
⑩ ゴムベラでメレンゲの白い部分が見えなくなるまで切るように混ぜ合わせる(混ぜすぎに注意)。ゴムベラにのせて逆さにしてもすぐには落ちない、ふんわりとつやのある生地に仕上げる。
⑪ カードに持ちかえ、生地をすくってシフォン型に入れる。
生地を仕上げる

 

【焼く】

⑫ 180℃のオーブンで約25分焼く。
⑬ 焼きあがったらオーブンから取り出し、すぐに型ごとひっくり返しておき完全に冷ます。生地が冷めたら、生地の膨らんだ部分をはがすように手で軽く型の内側に押し込む。
⑭ パレットナイフを型の内側に差し込み、型に添わせながら1周させて、型から外す。

焼く

 

<アレンジシフォン>

基本の味噌シフォンに、
ゴマやチョコレート、葉物を入れるなど、
アイデア次第でいろんなバリエーションが楽しめます。

アレンジの方法は、
【基本の味噌シフォンケーキの作り方】④に、
煎ったゴマ20gとゆでてみじん切りにした葉物
(春菊、ゆき菜、小松菜などあるものでOK)70gを加えて混ぜるだけ。
それ以外は、味噌シフォンケーキと同じです。

今月のメイン食材

高砂長寿味噌本舗 松島赤

高砂長寿味噌本舗の松島蔵でつくられる昔なつかしい味わいの中甘口。豊かな香りと共に、深いコクと旨味が鮮やかに立ち上がり、山海の具材との相性も抜群です。お買い求めは高砂長寿味噌本舗のHPまたは、人気セットが30%オフ(2016年3月15日まで)で購入できる下のボタンからどうぞ。

いしのまきレシピ