殻付き牡蠣【上級編】プチグラタン風

殻付き牡蠣シリーズ、最後にご紹介するレシピは

殻を自力であける上級編!

でも、簡単な方法を教えてもらったのでご安心を♡

プチグラタン風

作るのは、【殻付き牡蠣プチグラタン風】です。

【材料】

・殻付き牡蠣 2個

・しめじ  10本くらい

・しいたけ 1個

・とろけるタイプのチーズ ふたつかみ程度

DSC_0084

 

【準備:牡蠣の殻をあける】

ここでは、初心者にもやさしい開け方をご紹介。

牡蠣の殻はタワシなどを使って、きれいに洗っておきましょう。

持ち方は、牡蠣の平らな方を上にして、ちょうつがいの部分を手前に。

牡蠣1

殻の先っぽをハサミで切っちゃうと簡単。

isuzu-224

隙間ができたら、そこに洋食ナイフを差し込みます。isuzu-225

ナイフを殻の中に差し込んで貝柱を切ります。

貝柱はちょうつがいを下にしたとき、

右上側辺り(写真のナイフの先端の位置)にあります。

isuzu-226

↑貝柱を切ったら、こんな感じでパカッと。ちょうつがいの部分をねじり切って、ふたの部分をとればOK。

【作り方】

①殻を開けた牡蠣の上に、しめじ、しいたけをお好みでのせます。

DSC_0089

分量はお好みで。写真はしいたけスライス2枚、しめじ3~5本ぐらい

 

②殻ごと焼きます。

DSC_0112

オーブンまたは、網の上にのせてコンロの上で直火でもOK

 

③牡蠣に火が通ったら、いったん火からはずして、チーズをのせます。

DSC_0115

③バーナーでチーズの表面を焼きます。

バーナーがなければオーブンでチーズが溶けるまで焼けばOK

バーナーがなければオーブンでチーズが溶けるまで焼けばOK

 

④お皿に盛りつけてできあがり!

クリーミーかつジューシーな味がたまりません!!

DSC_0127

この冬、絶対試したい殻付き牡蠣3レシピ3連発、いかがでしたか?

教えてくださったのは、石巻の居酒屋『よし竹』の大将・菅野喜三夫さんです。

▲素材へのこだわりがハンパない! と評判の大将

素材へのこだわりがハンパない!と評判の大将

IMG_1689

こちら、居酒屋『よし竹』さんのある日のお刺身盛り合わせ(要予約)。これが石巻の実力!

IMG_1692

こちらはある日の宴会用あんこう鍋(要予約)。もちろん石巻産です!

 

 

石巻自慢の殻付き牡蠣を「食べてけらいん!」と大将。

物語一覧に戻る

石巻・東松島・女川を堪能できる
お取り寄せはいかが?

石巻エリアのお取り寄せはこちら 石巻エリアのお取り寄せはこちら

海街さんぽいちおしプラン

  • 13659【6/27(日)開催】はしご酒イベント「ボンバールいしのまき」チケット付きペア宿泊パック【ツインルーム】plan_item

    【6/27(日)開催】はしご酒イベント「ボンバールいしのまき」チケット付きペア宿泊パック【ツインルーム】

  • 13653【6/27(日)開催】はしご酒イベント「ボンバールいしのまき」チケット付き宿泊パック【シングルルーム】plan_item

    【6/27(日)開催】はしご酒イベント「ボンバールいしのまき」チケット付き宿泊パック【シングルルーム】

  • 13514ニードルの旅ゴリラ 特別メイキング映像plan_item

    ニードルの旅ゴリラ 特別メイキング映像

  • 13426【無料配信】ニードルの旅ゴリラ ~バナナはおやつに入りません~【アンコール】plan_item

    【無料配信】ニードルの旅ゴリラ ~バナナはおやつに入りません~【アンコール】

  • 11835奥松島イートプラザ レンタサイクル【商品番号:80600】plan_item

    奥松島イートプラザ レンタサイクル【商品番号:80600】

    東松島市
海街さんぽいちおしプランをもっと見る