ぶらぶらいしのまき

海も山も川も街もすべてがそろう石巻。ビギナーでも通でも楽しめる、ちょっとユニークな旅をご提案

vol.11

2016.06.07

憧れの石ノ森萬画館へ!

北上川の河口に浮かぶ中洲にある、宇宙船のような建物。

これは2001年のオープン以来、

日本全国、海外からも多くのゲストを集めてきた石ノ森萬画館です。

被災後、約2年の閉館を余儀なくされましたが見事、復活!

今も、石巻のランドマークとして、その美しいフォルムは健在です。

2001年オープン以来、海外からもゲストが絶えない。被災し2年間の閉館後、見事復活を果たした

故石ノ森章太郎先生が足しげく通った石巻。そのスピリットを受け継いだ萬画館は、いつでも世界へ飛び立てるよう宇宙船の形をしている

 

玄関口

超有名漫画家たちの手形も並ぶエントランス

 

宇宙船の中に入ると、

いきなり受付のお姉さんの姿にテンションがあがります⤴

これは、『サイボーグ009』のコスチューム!

とにかくキャワイイーッ!のであります(*´▽`*)(*´▽`*)(*´▽`*)

夏はホワイト!

夏はホワイト!

 

寒い季節のレッド

寒い季節はレッド!

 

特別な企画展などがあるときのブルー!

特別な企画展などがあるときのブルー!

 

ざっくり説明しますと、石ノ森萬画館は3階建てになっていて、

1階(映像ホールを除く)と3階は入場無料、

2階の常設展と企画展、映像ホール(1階)のみが有料ゾーンとなっています。

キャラクターグッズが並ぶショップももちろん無料で入れるから、

お土産を探しに立ち寄るだけでも、かなり使えるんですよ(^O^)/

墨汁一滴

ロボコンや仮面ライダーなど人気漫画のキャラクターグッズや限定品が並ぶ『墨汁一滴』(1階)

 

【大人もワクワク! 遊び心たっぷりの展示】

それではさっそく、展示コーナーへとまいりましょう。

…と、いきなり壁に巨大な絵。

仮面ライダーにゴレンジャーなど人気キャラを眺めながら歩いていると、

ギャーッ!!!

絵の中の目が追いかけてきたではありませんかッ。

DSC_0061 DSC_0062 DSC_0063

ピュアなキッズなら、もうこれだけで十分なのであります!(*_*)

他にも、上の階へと続く長いスロープには、

仕掛けや展示が盛りだくさんで退屈しません。

石巻の特産、稲井石に描かれた人気キャラクターを眺めながら歩く

石巻の特産、稲井石に描かれた人気キャラクターたち

 

DSC_0073

漫画のワンシーンが3Dで

 

そして、企画展と常設展の2段構えになっている2階へ。

企画展はその時々で変わりますが、

たとえば2016年は人気漫画家の『東村アキコ原画展』や

菅原芳人WORKS展 GO!GO!仮面ライダー』などを開催。

街なかでのスタンプラリーなんかもあって、

絶対にGO!GO!GO!!!なのであります。

常設展は『サイボーク009』の世界からスタート

常設展は『サイボーク009』の世界からスタート

DSC_0135

キカイダーの世界では、キカイダー誕生の瞬間を目撃!手前の画面は気づいた人だけが楽しめる隠れ展示。クイズになっています

 

歴代のマスクが並ぶファン必見の仮面ライダーコーナー

親子、もしかしたらお孫さんとも話が通じる仮面ライダーコーナー

 

ズラリと並ぶ歴代の仮面ライダーマスクは必見!

かなりバッタ顔の1号から、

もはや昭和時代しか知らない人にはチンプンカンプンの

平成のイケメン俳優モノまですべて揃います。

マスクは仮面ライダー1号から

はたまた、奥へ進むと時代劇の世界や

人気作品の『HOTEL』からは、ホテル・プラトンのフロントを再現。

石ノ森章太郎先生の貴重な原画も並んでいます。

やぶれたふすまの穴をのぞくと、江戸時代の風景が

時代劇の世界では、やぶれたふすまの穴をのぞくと、江戸時代の風景が見える仕掛けになっています

DSC_0109

お父さんの背丈にあるふすま穴にはサービスカットもありますよ♥

 

カウンターの上にあるベルを鳴らすとアナウンスが流れます

テレビドラマでも人気を博した『HOTEL』の世界。カウンターの上にあるベルを鳴らすと「いらっしゃいませ」とアナウンスが流れます

 

被災直後には職員が数日間寝泊りし、貴重な原画を守ったという

被災直後には職員が数日間寝泊りし、貴重な原画を守りぬきました

 

【石巻のヒーロー、シージェッター海斗!】

そしてそして!

一番のおすすめは、なんといっても『シージェッタ―海斗』です。

いわゆるご当地ヒーローですが、

なんと石ノ森章太郎先生のデッサンから生まれた本格派!

どこから見たって正真正銘、かっこいいみんなのヒーローなのであります( `ー´)ノ

 

特設コーナーももちろんド派手。

1階の映像ホールでは、石ノ森萬画館でしか観られない限定映像を上映していたり、

DSC_0042

『シージェッタ―海斗 特別篇』は1時間に1回、毎時10分~上映

 

2階の常設展では『シージェッタ―海斗』のすべてを網羅する

熱い熱いコーナーが用意されています。

DSC_0178

常設展の最後を飾るシージェッタ―海斗コーナー

 

石巻の海辺で撮影したそう

全編石巻ロケの映像。石巻の海辺でこんなアクションシーンを!!

 

幼稚園や小学校にも足を運び、

子どもたちに親子の絆や正義を伝えてきた『シージェッタ―海斗』。

北上川を水上バイクで縦横無尽に駆け抜ける

迫力のショーも大人気です。

震災前に作ったCDはすべて津波で流されてしまったけれど、

多くの声援と協力を受け、

超豪華メンバーによる新たなテーマソングなども完成しました。

DSC_0218

今は幻となってしまった震災前のCD。すべて津波で流されたと知り、ファンが贈ってくれたもの(3階に展示)

 

GO!GO!!シージェッタ―

負けるな!!シージェッタ―

子どもたちの熱い声援が、今も復興途上の石巻の街にこだましています。

萬画館の正面でゲストを力強く迎えるシージェッタ―海斗

萬画館の正面でゲストを力強く迎えるシージェッタ―海斗

 

【サービス精神たっぷりの無料ゾーン】

他にも萬画館には、デイリーに利用できる施設がいっぱい。

特に3階には、北上川を見下ろすカフェや

図書館のように漫画が読めるライブラリー、

デジタルアーカイブもあって一日中、飽きません。

DSC_0233

宇宙船のコックピットを模したカフェ『BLUE ZONE』ではカウンターから雄大な北上川を望んで

 

企画展に合わせユニークなオリジナルメニューが出ることもある

企画展に合わせユニークなオリジナルメニューが出ることもあります。このガラモンの完成度!

 

映像やコミックが心ゆくまで堪能できるライブラリー

映像やコミックを心ゆくまで堪能できるライブラリー。1日中いたって利用は無料!

 

どうですか?この大サービス。

石巻に来たら、一度ならず二度、三度と足を運んでもソンはありません。

しかも、JR石巻駅から石ノ森萬画館までは、人気のキャラクターたちがお出迎え。

みなさまのお越しを心から、お待ちしています♥

DSC_0260DSC_0252

DSC_0255

©石森プロ ©石森プロ・東映 ©石森プロ/街づくりまんぼう

 

石ノ森萬画館
お問合せ【受付時間:平日9:00~18:00 ※12月~2月の冬季期間は9:00~17:00】
宮城県石巻市中瀬2-7   電話:0225-96-5055

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぶらぶらいしのまき