ぶらぶらいしのまき

海も山も川も街もすべてがそろう石巻。ビギナーでも通でも楽しめる、ちょっとユニークな旅をご提案

vol.10

2016.05.23

心と記憶に残るおもてなし~追分温泉

【大自然に抱かれた峠の宿】

くねっ

DSC_0100 (1)

くねっ

DSC_0106 (1)

くねくねっ

くねっ

 

石巻の北端、北上川の河口から続く、山中のくねくね道。

ここを1台、また1台……と軽快に車たちがのぼっていきます。

先には、いったい何が……。

不安になり始めた頃、突如現れるのが、

石巻の秘湯として名高い、追分(おいわけ)温泉です。

DSC_0120 (1)

平日の昼間でもたくさんの車が停まる峠の宿

横に広くつながる木造の建物

深い緑が包み込む最高のロケーション

 

DSC_0117

窓に山の緑が映る風情たっぷりの木造建築

 

昭和初期、鉱山だったこの辺りで鉱夫として働いていた初代が、

山から涌く鉱泉が体に良いことに着目し、

その水を沸かして湯治場を始めたのが昭和27年。

創業まもなく、近隣の農民や鉱夫が利用する湯治場として始まった追分温泉

創業まもなく、近隣の農民や鉱夫が利用する湯治場として始まった追分温泉

 

それから約70年。

深い自然に守られて、ここだけ時が止まったような空間が

今なお遠方からも客を呼び込む強烈な魅力となっています。

DSC_0254

家族経営、素朴なサービスにほっとします

 

いい~感じのフロントで受付をすませると、今夜宿泊の客室へ。

いきなり窓外の新緑が目に飛び込んできます。

DSC_0214 (1)

新緑や雪景色など、四季折々の絶景に見惚れる客室

 

ところどころに休憩スペースやアート展示などがある

迷路のような長い廊下は、

70年の歴史の中で、増築を重ねた結果の「継ぎ足し建築」。

これがまた、昭和レトロを存分に楽しめる

不思議なタイムトリップを演出してくれます。

DSC_0221 (1)

冬に大活躍する薪ストーブ

DSC_0246 (1)

窓外の景色を眺めながら歩く長い廊下

お風呂棟へ向かう長い廊下の途中では、いくつかの扉が

途中にあるいくつかの扉は、開けたら必ず締めなければいけません

 

そしてお風呂は、樹齢500年のカヤで造られた木の浴槽。

古いのに清潔で気持ちがいいのは、

毎朝、徹底的に掃除をするという老舗宿の心意気。

だからこそ70年もの間、客足が絶えません。

温泉

日帰り入浴は300円。ツーリングやドライブの途中に立ち寄る客も多い

 

 

【地モノ満載、大満足のゆうげ】

もうひとつのお楽しみは、なんといっても

日本料理店で修業を積んだ三代目・ご主人が腕をふるう夕食。

ご馳走=ボリュームという田舎風にこだわって、

海、山、川の幸が次から次へと運ばれてきます。

しかも、そのすべてが産地直送の新鮮さ。

素材にうるさい石巻人も、こちらのお料理なら、

「地モノの良さを存分に分かってもらえる」と太鼓判を押します。

DSC_0142 (1)

自家製梅酒とばっけ(ふきのとう)味噌

 

この日の刺し盛りはトゲに触れるとまだ動くほど新鮮なウニ、タコの吸盤、白魚、鯨、ホッキ貝

トゲに触れるとまだ動くほど新鮮なウニ、タコの吸盤、白魚、鯨、ホッキ貝

DSC_0143 (1)

さらに甘エビやまぐろなど

DSC_0145

旬のほやはわかめ、柔らかいイカと一緒に

DSC_0149 (1)

とろけるような口当たりが忘れられない海鮮グラタン

 

敷地内で獲れた珍しいばっけ(たらの芽)のアイス

敷地内でとれたという珍しいばっけ(ふきのとう)のアイス

 

この日は他にも、茶わん蒸しや季節の混ぜご飯がついて、

1泊2食付き、8700円(税別)。

(※ほかに6700円、7700円、9700円のコースもあり)

しかも、すべての料理が絶品!

心と記憶にしっかり残る、石巻の味覚となりました。

 

【地域優先の素朴で温かい宿】

評判が評判を呼び、今や県外からの観光客も多い宿。

しかし、あくまでも地元のお客さんを大切に。

お値段は約20年間変わっていないという。

「うちは創業以来ずっと、地域のお客さんに育てられてきた宿。

今も、昼間から大広間でのカラオケ大会や

町内の慰労会なんかでワイワイ、使ってもらっています。

流行りの洗練されたリゾート宿とは、まるで逆ですね(笑)」

三代目館主の横山さんは、音楽やスポーツカーを愛する多趣味人。

その広くて深い人脈やご近所づきあいを大切にしてきたからこそ、

食材も、安心安全で高品質なものが産地直送で、お安く手に入るとか。

家族経営で、経営者一家も代々ここに住んできた。

子どもたちは幼い頃からお客さんと触れ合い、育てられてきたと話す。

地域への感謝と温かみがにじむ素朴なサービス。

今どきではないけれど、

すぐに、また行きたくなるから不思議。

DSC_0252 (1)

宿の下を小川が流れるロケーション

追分温泉

石巻市北上町女川字大峯1  TEL:0225-67-3209

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぶらぶらいしのまき