東松島の美味しい!をひとつの鍋に 鍋のまち東松島 その1

寒い時期に食べたくなるものといえば、暖か~いお鍋。

東松島市は海鮮だけでなく、肉や野菜の市域栽培も充実している地域。

そんな豊富な味覚をひとつの鍋に詰め込んでしまおう!と東松島市観光物産協会が立ち上げたプロモーション企画が「鍋のまち東松島」。

コンパクトで店同士の連携がなされている東松島市だからこそできる企画です。

地内の飲食店15店舗、それぞれが腕を奮って鍋メニューを開発。

お店によって全く違った味が楽しめます。

参加店舗多数のため、2回に分けて各店舗を紹介します。

今回は飲食店がギュッと固まったJR矢本駅前の実施店舗を紹介。

【うまし処 破竹】の「かき担々鍋」

まず初めに紹介したいのが、JR矢本駅すぐ近くの【うまし処】の「かき担々鍋」。

かき担々鍋 1人前864円

奥松島自慢の大きくてプリプリな牡蠣を使い、スープは破竹オリジナルの担々麵ベースのスープ。

さらにトッピングの肉味噌には刻んだ牡蠣が!

牡蠣好きにはたまらないお鍋です。

【のみくい処 よっこより】の「海鮮キムチ鍋」

破竹から少し国道45号線に向かって歩いたところに位置する【のみくい処 よっこより】では「海鮮キムチ鍋」を提供。

海鮮キムチ鍋 1人前600円

これぞ三陸の鍋!といった、旬の牡蠣や鱈、海老などが贅沢に使われているお鍋。

キムチベースのお鍋ですが、スープは豆乳仕立てのため辛いのが苦手な方でも美味しく食べられます。

【料理 菅原】の「もつ鍋」

そして次はJR矢本駅から徒歩約1分、踏切を渡った先にある【料理 菅原】から、ど直球の「もつ鍋」!

もつ鍋 1人前750円

実はこのモツも東松島市産なんです。

厳選された食材を丁寧に下処理し、モツ本来の旨味がギュッと詰まった醤油味噌ベースのスープは〆まで楽しめる一品。

【ダイニングカフェ おちゃや】の「麻婆カレー鍋」

次のお店はJR矢本駅を出て左に行ったらすぐそこ、黄色い外観がキュートな【ダイニングカフェ おちゃや】から「麻婆カレー鍋」。

麻婆カレー鍋 1人前700円

中華なの?インドなの?と気になってしまうこのお鍋、食べてみましたが、なんとどっちの味もしっかりするんです。

是非一度食べてみてほしい新感覚のお鍋。

具材も地元産のお豆腐と野菜を使っています。

【和みダイニング 酒菜や 凛】の「ぎゅっと!地元鍋~せり鍋~」

そんなおちゃやさんから数軒隣の【和みダイニング 酒菜や 凛】では、宮城名物の鍋、「ぎゅっと!地元鍋~せり鍋~」が食べられます。

ぎゅっと!地元鍋~せり鍋~ 1人前831(やさい)円

地元鍋の名前の通り、地元産の新鮮なせりをたっぷり味わえます。

鶏肉ベースのあっさりとしたお出汁でどうぞ。

【鉄板鍋 東屋】の「牛モツ醤油鍋、味噌鍋」

こちらは先日鍋のまち企画に加わったばかりのニューカマー、JR矢本駅から徒歩約5分の【鉄板鍋 東屋】の「牛モツ醤油鍋、味噌鍋」。

牛モツ醤油鍋、味噌鍋 1人前1,280円

味噌・醤油を使ったこだわりのスープがおいしいこちらの鍋。

醤油はさっぱりとしたピリ辛、味噌は濃厚でこってりした味。

2種類味わえてお得な気分です。

希少部位のマルチョウを使い、下処理にもこだわっています。

赤いのぼりが目印!

「鍋のまち東松島」に参加しているお店には赤いのぼりが立ってます。

この真っ赤なのぼりが目印。

のぼりを見つけたら是非お店へ!

暖かくて美味しい鍋があなたを待っています。

そしてなんと2018年3月31日までの期間限定で、QRコードキャンペーンを実施中!

参加各店舗に置いてあるQRコードを読み込んでお店の人に見せると良いことが起きてしまうという素敵すぎるキャンペーン!

詳細は参加各店舗もしくは下記からチェックしてみてください!

☆鍋のまち東松島

画像提供 東松島市物産観光協会

writer チーク