石巻の秘湯・追分温泉

公開日:2021/12/21 最終更新日:2021/12/21
こちらの内容は、最終更新日から1年以上経過しているため、内容が古くなっている可能性があります。

石巻圏で温泉と言えば、道の駅上品の里に併設されているふたごの湯、それから女川駅構内にあるゆぽっぽなんてあたりが有名です。

でも、石巻には80年の歴史を誇る温泉宿があります。それが追分温泉です。まるで時代が止まったかのような山奥の温泉宿をレポートします。

追分温泉

これでもかと言うほど雰囲気満点の正面玄関

追分温泉は北上川から津山に抜ける峠道にある温泉宿です。名のある峠ではなく、交通のメインは北上川沿いを走る国道45号線と海に抜ける県道のため、道はとても細く、曲がりくねっています。

道幅も狭いので、最近流行の大柄なSUV同士だとすれ違えないかも知れません。所々に待避所があるので、ゆっくり安全運転で走ることをお勧めします。

北上川側、津山側、どちらから行っても距離はあまり変わりませんので、周辺のどこに寄るかでルートを決めると良いでしょう。

日本三所の秘仏とも呼ばれる柳津虚空蔵尊や、南三陸町のさんさん商店街を回る場合は津山側から、震災遺構の大川小学校や、受験の神様である釣石神社を巡る場合は北上川側からのアクセスがお勧めです。

追分温泉・外観1

津山側から見た追分温泉

道の途中には他の施設は全くありませんので、間違いない道さえ走っていれば見落とすことはありません。レトロではありますが大きい建物です。

追分温泉・外観2

北上川側から見た追分温泉

もちろん、コンビニや商店などもありませんので、部屋で何か食べたり飲んだりしたい場合はあらかじめ買い物をしておく必要があります。

でも、ほとんどの場合、食べ物は買う必要ないでしょう。なぜならこの宿の最大の魅力はとても美味しく、ボリュームたっぷりの食事にあるからです。

食事の紹介の前に館内の様子に触れておきます。入り口正面には受付がありますので、入ったらまず受付を済ませましょう。この時車のナンバーを聞かれるので、覚えていない場合はメモしていく事をお勧めします。

受付

正面玄関入ってすぐに受付があります

受付の右手は売店です。どちらかというと館内で食べるものというよりもお土産屋さんとしての品揃えになっています。夜は早めに閉まるので、その意味でも館内消費向けではありません。

売店の反対側に歩いて行くと宿泊棟がありますが、部屋に行くまでは渡り廊下でいくつかの建物を渡っていきます。

宿泊棟への廊下

宿泊棟に向かう廊下。

途中のゲームコーナーには、今や懐かしい「ワニワニパニック」がありました。

ワニワニパニック

懐かしのワニワニパニック!

ダルマストーブの置いてある角を右に曲がると宿泊用の部屋です。泊まる人数に応じて部屋の大きさは変わりますが、どの部屋も由緒正しい日本の温泉宿、というたたずまいです。

だるまストーブ

宿泊棟の目印

部屋には暖房装置はありますが、クーラーや扇風機はありません。自然に囲まれた山奥なので夏の盛りでも気温はそこまで高くありませんが、どうしてもという場合は持ち運び用の扇風機を持って行っても良いかもしれません。

部屋の様子

一番小さなサイズの部屋の様子

食事は一番遅い時間で18時00分からのスタートです。温泉までの細い登り道は思ったよりも時間がかかりますので、時間に余裕を持って移動してください。

夕食

豪華すぎる夕食!

追分温泉は部屋のグレードは基本的に全て同じため、宿泊料金の違いはそのまま食事代の違いになります。大人は7千円台~11,000円まで選べるほか、子ども用の食事は3千円台で用意してもらえます。この金額で宿泊料込みです。

お子様メニュー

お子様メニューもボリューム満点

東京あたりだったら食事なしのビジネスホテルでも日によっては泊まれないかも知れない位の大バーゲンプライスですが、食事を見るともっと驚くはずです。

なにせ最上級の海の幸てんこ盛りなのですから。

峠の宿なのに海の幸、というとちょっと違和感を覚えるかも知れませんが、そんな心配はありません。追分温泉のある峠は北上川と海に挟まれた場所にあり、石巻魚市場も近くにあります。

このため、出てくる海産物はどれも素晴らしいものばかり。

刺し盛りは二種類で、ほや、くじら、いか、ほっき、かんぱち、たい、さざえ、えび、かに、うに、あわびと盛りだくさん。この他に、さざえとアワビの入ったうにの味噌蒸しがつきます。

お刺身1

お刺身の盛り合わせその1

お刺身2

お刺身の盛り合わせその2

さらに天ぷら、しじみの土瓶蒸し、茶碗蒸し、海鮮グラタン、ひじきの炊き込みご飯と、あります。文章にしていない小皿も何品かあるので、小食な人なら完全にギブアップでしょう。

蒸し物

ウニの蒸し焼き

かわりご飯

炊きたてのかわりご飯

お子さま用のメニューはカレー、ハンバーグ、エビフライと、こちらも子ども大好きメニューが揃います。ボリュームも多くて、一緒に行った小学校3年生の娘は食べた後完全に動けなくなっていました。

ようやく食べ終わった、と思って油断していたら、最後にデザートのアイスが来ました。

ふきのとうアイス

抹茶ではなくふきのとうのアイスです

ここで甘いのはもう無理、と思ったものの、アイスは自家製の「ふきのとうアイス」ほどよく苦くて、さっぱり食べられました。もちろん、ちょっと大人の味なので、子ども用にはブルーベリーのアイスが出てきましたよ。

ブルーベリーアイス

子供用にはブルーベリーアイス

筆者が頼んだのは宿泊費込み11,000円のコースでしたが、口コミサイトを見てみると一番安いコースでも十分豪華だという書き込みが多く見られます。

嘘偽りなく本当にそうに違いありません。もちろん、一番良いプランで食い倒れるのもお勧めです。

お風呂は宿泊棟の更に奥にあります。

追分温泉は元々この近くにあった鉱山から出たお湯が源泉です。源泉の温度は少し低いそうで、ボイラーで温めてから風呂に張られています。

浴槽は樹齢500年の榧の木を使ったという総木製で、お風呂場の床も全部木でできています。今時こんな雰囲気のあるお風呂はなかなかありません。

お風呂

樹齢500年の榧の木で作ったというお風呂

浴槽は二つで、一つは底から泡の出る浴槽、もう一つは普通の大風呂です。大風呂はだいぶ温度が高いため、熱い風呂が苦手な人や、ゆっくり長く使っていたい方は泡風呂を使うと良いでしょう。

日帰り入浴もできますが、せっかくここまで足を伸ばすなら、一泊してゆっくり温泉を堪能するのがお勧めです。

また、館内にはMIYAGI Free Wi-Fiが飛んでいます。このため、ワーケーションやリモートワークの拠点としてもお勧めできます。

何せ周りには何もありませんので、部屋に入れば仕事をせざるを得ません。様々なものがあふれる現代において、仕事の邪魔をするものが何もないこの場所は、大事な仕事にじっくり取り組むにはうってつけの場所だと言えるでしょう。

朝ご飯はよく見る温泉の朝ご飯でした。ご飯、味噌汁、香の物、鮭。夕ご飯がとても豪華なので、朝はこれくらいで十分でしょう。

朝食

安心の朝ご飯

お風呂は深夜以外は入れるので、朝起きたらご飯の前にお風呂に行っても、ご飯の後チェックアウト前にお風呂に行ってもOKです。

ここだけ時間が止まったかのような、不思議で落ち着ける温泉宿です。是非一度これをご覧のあなたも訪問してみてはいかがでしょうか。

お申し込みは下のボタンからどうぞ!

追分温泉の予約はこちらから

 

※ネットからのご予約は、1名11,000円のプランのみとなります。予めご了承ください。

物語をもっと見る

石巻・東松島・女川を堪能できる
お取り寄せはいかが?

石巻エリアのお取り寄せはこちら 石巻エリアのお取り寄せはこちら

海街さんぽいちおしプラン

  • 14792女川町オンライン語り部plan_item

    女川町オンライン語り部

    女川町
  • 11830石巻観光情報案内所(石巻市役所1階)レンタサイクル【商品番号:90200】plan_item

    石巻観光情報案内所(石巻市役所1階)レンタサイクル【商品番号:90200】

    石巻市
海街さんぽいちおしプランをもっと見る

石巻・東松島・女川観光の参考にいかが?

大須崎灯台・大川小学校
上品の郷サムネイル
もっと物語を見る