着いてさっぱり、帰りにさっぱり 女川温泉ゆぽっぽ

「旅の疲れは温泉で」という言葉があるが、「旅の疲れが出る前に温泉に入れる」驚きの場所が女川町にあることをご存知だろうか。

その名も「女川温泉ゆぽっぽ」。

この温泉は全国的にも珍しい駅舎の中にある温泉施設。

もちろん宮城県内では女川駅だけ。

徒歩0分で温泉に入れる、温泉好きにはたまらない場所。

女川観光を始める前にさっぱりと。

女川観光を楽しんだ後にさっぱりと。

もしくは行きも帰りもさっぱりと。

自分のスタイルで温泉入浴を観光のスケジュールに組み込むことができる。

1階、2階に別れており、1階は女川町の特産品の販売や温泉ならではの牛乳や飲み物、休憩時に食べられるおにぎりなどの軽食もある。

浴場と休憩室は2階。


日本画家の千住博氏が描かれた「霊峰富士」や水辺で語らう鹿のタイル画が壁面に描かれている。

効能は、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺など。

丸い浴槽が白湯、四角の浴槽が温泉。

女性の肌がしっとりと美しくなると言われる「美人の湯」。

是非、駅から0分の入浴タイムをご堪能してみてはいかがだろう。

writer 柳生十兵衛

女川温泉ゆぽっぽ(クリックするとHPに移動します)
〒986-2261 宮城県牡鹿郡女川町女川浜字大原1-10
定休日:第3水曜日

入浴料
大人(中学生以上) 500円
小人(小学生) 300円
幼児(小学生未満) 無 料

営業時間
9:00-21:00
(最終入館は20:30まで)

お問い合わせ
TEL:0225-50-2683