松島四大観「大高森(壮観)」に登ってみた

東松島市の先っちょ、鳴瀬地区を進んだ先に奥松島と呼ばれる地域、宮戸島がある。

その宮戸島にそびえ立つ大高森。

今日は天気がいいので宮戸島を一望できるこちらに登ってみようではないかと。

標高は106メートル。子供約10人分の高さ。

100メートルの山は全国的に低め。体力的にも軽く登れて観光にもオススメ。

聞くところによると、大高森からの景色が素晴らしいらしい。

登山道入り口。いざ、絶景ポイントへ!

階段を登ってすぐの景色。

木に囲まれ、早くも森に入ったような気分に。

木漏れ日が気持ちいい。

登る途中で食べられそうな植物が群生していたり

天ぷらにしたら食べられそうな植物。

鳥の声と風の音が聞こえてくる。大自然!マイナスイオン!

自然を全身で感じながらしばらく登っていると分かれ道が。

初めの分岐点。頂上まで約400m。

ここは「大高森山頂」を目指してひたすら進む。

ここまでは平坦な道が多くて、なんだかずんずん進めちゃいそうだなあ

なんて思っていたらここからが大変。

階段…

階段を登り終えると

また階段………

と階段が続く。

何段登っただろうか。そろそろ水分補給がしたい……。

登山者にはありがたい途中のベンチ。

途中途中でベンチがあるのでゆっくり自分のペースで。

そうこうして、息を切らしながら登っていると

なにやら開けた場所に。

大高森山頂まで0.1km!!!!

頂上に向かい、ふと横を見ると………

言葉が出ないほどの青さと、登ってきた疲れ全てを吹き飛ばすような景色が。

海の深さと空の鮮やかさ、波のきらめきが一気に目に飛び込んでくる。

展望台からは松島湾に浮かぶ島々、東松島市内を一望できる。

こちらは石巻方面。

天気がいい日は金華山まで見えると言われている。

休憩所があるので、景色を味わいながらちょっとひと休み。

さすが日本三景と呼ばれる松島。

なんだか清々しい気分でいっぱいになったところで、山をくだる。

来た時はあんなに辛かった坂道も、帰りはひょいひょいっと足がすすむ。

そして山を下りきったときの海の綺麗さにもまた感動が。

なんだか凄い長旅をしたような気分だが、登り下りで、合計時間は40分程度。

普段スーパー出不精の筆者はヒィヒィ言いながら登り切ったが、杖をつきつつ登っていた人生の先輩方も居たので大丈夫だろう。

気分を変えたいなあ、リフレッシュしたいなあという時はちょっとだけ喧騒を離れて、自然の小旅行をしてみよう。

全身で味わうことのできる絶景と達成感があなたを待っている。

writer チーク

おススメ 特集記事

【特集記事 東松島市まとめ】