女川町復幸祭2018で発見! 謎のゲーム機「ほやチンコ」!?

前回は女川町復幸祭2018の復幸男についてレポートしたが(前回の記事はこちらをご覧ください)、今回は翌日の復幸祭で私が衝撃を受けたことについて書かせていただきたい。

女川町復幸祭2018は2018年3月25日(日)にJR女川駅前の商業施設シーパルピア女川を中心に開催され、女川産の食材を使った出店や、特設ステージではアイドルのライブやトークショー等の企画で大いに盛り上がっていた。

そんなイベントの中で私が衝撃を受けたもの。

それは、「ほや」と「パチンコ」を合わせたゲーム機、その名も「ほやチンコ」!

これがそのゲーム機「ほやチンコ」。かなり大きい。

一度聞いたら忘れられない物凄いネーミング。

この謎のネーミングに驚いて、急いで現地で調べてみると、実はこの「ほやチンコ」には女川町民の方の熱い思いが込められたゲーム機であることが判明。(「ほやチンコ」の歴史については「女川町復興まちづくり情報交流WEB」をご覧ください)

「ならば、やるしかないっ!」ということで、いざ「ほやチンコ」にチャレンジ!

参加料1回300円を支払う。

ルールは簡単、「ほや」を投げてボードに書いてある点数に入れば得点分のホヤがもらえるというものである。

最高が7点で、もし投げた「ほや」が惜しくも外れて得点がなくても、「ほや」を3つもらうことができる。

最低保証付きの参加者にはありがたいゲーム。

今回は、残念ながら「ほや」の水揚げが少なかったらしく、ゲームで得られる景品は「ほや」と牡蠣の2種類とのこと。

個人的にはここ最近、女川産「ほや」を食べる機会が多かったので、ここは景品を牡蠣にして挑戦させてもらった。

はやる気持ちを抑えて、いざ、ホヤをスローイン!

「ほや」を投げた後よくよく考えてみたが、こうやって「ほや」を投げること自体初体験だ!

ころん、ころん、と「ほや」が勢いよく転がる。

これは期待ができるかっと思いきや、結果は…大外れ。

最低保証の牡蠣3つをゲット。

ゲットした牡蠣。かなり大きくてお得感満載!

でも1つ100円で朝水揚げされたばかりの牡蠣が食べられるのだから、どう考えてもやっぱりお得!

ということで、早速食べてみることに。

ちなみに復幸祭にはその場で買った新鮮な海産物を焼くための焼き台が設置されており、料金は箸とお皿代込みで100円で利用できるようなっていた。

炭火の焼き台。

しかも、よく見ると美味しい牡蠣の焼き方なるものが書いてある!

説明によると、まずは平べったい方を5分焼く、中から汁が出てきたらひっくり返す。

そのあと牡蠣が開いたら完成!

理解した。

「私、失敗しないので」と、焼いてみたら…

見た目から美味しい焼き牡蠣が完成!

炭火で美味しく焼き上がった牡蠣。

完璧な焼き上がり。

醤油を垂らしていただきます!

うーん、美味しい!

流石は海のミルクというだけあって、クリーミで味が濃い。

醤油というシンプルな味付けで牡蠣本来の美味しさが伝わってくる。

初「ほやチンコ」でゲットした牡蠣。

いつもの牡蠣とは違う、とても貴重な味だった。

来年の復幸祭もこの「ほやチンコ」に挑戦して、「ほや」を7つゲットしたいと心に誓う私であった。

皆さんも是非チャレンジしてほしい。

writer よっつ

おススメ特集記事

【特集記事 石巻エリアのイベント】