おしゃれに美味しく日本茶を KAKKO TEA

突然だが筆者は全ての飲み物の中で緑茶が最も好きだ。

二十数年生きてきたうち、緑茶を口にしなかった日はないのではないかというほど、毎日の生活に欠かせないものとなっている。

そんな筆者が愛してやまないカフェが石巻市内にある。

石巻市で唯一日本茶が味わえるカフェ『KAKKO TEA』だ。

今日はここを熱烈に紹介させていただこうと思う。

『KAKKO TEA』はJR石巻駅正面、石巻市役所1階に店を構えている。

開放感があって入りやすい店内。

コンクリートの建物の中に突如現れるおしゃれ空間だ。

イートインは店内で、テイクアウトは写真右側のスタンドからオーダーができる。

ゆったりくつろげる店内。

店内はこんな感じ。

じっくり正座で飲む印象が強い日本茶のイメージを覆す、ライトな雰囲気。

Wi-Fi、コンセントも使えるため電車の待ち時間やPC等を使ったサッとした作業にもぴったり。

さて、いよいよ日本茶をオーダー。

メニューの「おいしいお茶」はなんと5種類の日本茶から選べてしまう。

5種類の中には石巻発の緑茶である「桃生茶」「桜井茶」も取り揃えている。

「種類がたくさんあって選べない!」

「緑茶ってどれも同じ味じゃないの?」

という方には飲み比べセットも用意しているので、そちらもおすすめ。

おいしいお茶 約3煎で380円。

筆者は石巻市桃生町で栽培された、“日本北限のお茶”「桃生茶」をオーダー。

甘い口当たりに後から爽やかな渋みが広がり、何杯飲んでも飽きがこない味わい。

急須とお湯を一緒に出してくれてるため2煎目、3煎目とじっくり味の移り変わりが楽しめる。

『KAKKO TEA』では日本茶に合うお茶菓子として焼きドーナツも販売されている。

こちらも美味しいので是非おススメしたい。

ドーナツプレート 350円。

店内で焼き上がるドーナツは、フォークで割るとサクッと音がするほど、外はサクサク、中はしっとり。

たまごの優しい味が香る実力派だ。

さらに、散りばめられた「ほうじ茶パウダー」の香ばしい香りが絶妙にマッチしている。

写真のものとは別で、アイス無しの「抹茶ドーナツ」、「プレーンドーナツ」もある。

「プレーンドーナツ」はテイクアウトも出来るので、お気軽に味わえる。

最後に紹介したいのはこちら、「桃生緑茶ラテ」。

抹茶ラテではない、「緑茶ラテ」。

桃生緑茶ラテの他に、河北ほうじ茶ラテも。

全体をほどよく引き締めてくれるアクセント的な存在。

桃生緑茶ラテ 450円。

写真映えするキュートな見た目とは裏腹、甘みの少ない、すっきりとした味で、日本茶の渋みを含んだ清涼感や味がしっかりと感じられる。

抹茶ラテとの違いを体感してみてほしい。

今回紹介したものの他にも、桃生茶レモネードや緑茶しるこなど、カフェと日本茶の良いとこどりなメニューを提案してくれる『KAKKO TEA』。

季節によって様々なメニューが楽しめるので要チェックだ。

メニューの写真はどれも美味しそう!

いつもはコーヒーでほっと一息の方も「コーヒーの苦味を日本茶の渋みに変えてほっと一息」なんて洒落てみるのも良いだろう。

石巻エリアには日本人の味、日本茶をじっくりと味わえるカフェがある。

photo&write チーク

KAKKO TEA

TEL/0225-23-9371

住所/石巻市穀町14-1

営業時間/11:30~17:30

定休日/なし