金華さばと新たまねぎの簡単チーズ焼き

良質で豊富な脂の乗った「金華さばの水煮缶」。(現在「金華さばの水煮缶」のラベルはリニューアルされております)
旬である毎年秋から冬にかけて、期間限定生産されています。

魚の脂には、中性脂肪や動脈硬化のリスクを減らしてくれるEPAやDHAといった栄養素が含まれていますよね。
たっぷりと脂の乗った金華さばには、この栄養素がより多く健康にもとても良いのです。
そんな金華さばの水煮缶を使った簡単料理に挑戦。

「金華さばと新玉ねぎの簡単チーズ焼き」

缶詰を開けてみると、ふわっと柔らかなサバの身が一面に。
このままでも十分美味しい。

まずは、耐熱容器に金華さばを取り出します。
汁も忘れずに。

上にスライスした新たまねぎ(またはたまねぎ)を乗せます。

お好みで醤油またはめんつゆ。そして、マヨネーズ。

その上からさらにスライスした新たまねぎを乗せます。

その上には、とろけるチーズ。ピザ用チーズもOK。
焼き色がつくまでオーブンやトースターで焼き上げます。
最後に乾燥パセリを散らすと、こんな仕上がりに。

こんがり焼けたチーズが香ばしい。

驚いたのは、さばとチーズの抜群の相性。
さば好きにもチーズ好きにも堪らない一品になりました。お酒がすすむ。
青魚の苦手な方もこれなら食べられちゃうかも。

この「金華さばの水煮缶」は、この他色々な料理に多用できます。
ごはんのおかずに。晩酌のお供に。是非一度、試してみては。

writerらむれーずん